FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMレース結果♪

毎日暑い日が続きますね‼
TMサーキットは空調付きのの室内ピットや体を冷やすアイスクリームも販売しておりますのでこんな暑い日でも楽しみにきてくださいね♪

遅くなってしまいましたが7月15日(日)に開催されたTMラウンドレース(開幕戦)の模様をアップさせて頂きます。

image5.jpeg

お天気は快晴の中レース開催されました!

image1.jpeg

今回も前週が雨天の為レースが延期になってしまい参加される方が少なくなってしまいましたが各クラスともに白熱したレースとなりました。
そして参加選手皆さんに参加賞としてアイスクリームもプレゼント♪


タミチャレクラス
予選結果
image6.jpeg

決勝結果
image7.jpeg
image2.jpeg

優勝 本田選手(TA07)
2位 住谷選手(TB04)
3位 山口選手(TA07)



マスタークラス
予選結果

image8.jpeg

決勝結果

image9.jpeg
image3.jpeg

優勝 岩元選手(INFINITY IF14)
2位 大江選手(YOKOMO BD8)
3位 小川選手(XRAY T4)


かっとびクラス
予選結果


image10.jpeg

決勝結果
Bメイン


image11.jpeg

Aメイン

image12.jpeg
image4.jpeg

優勝 本田選手(TAMIYA 419XR)
2位 尾田選手(TAMIYA 419XR)
3位 住谷選手(XRAY T4)



入賞された皆さんおめでとうございます!そして暑い中お集まり頂いた皆様ありがとうございました。

次回のTMイベント予定は

TMラウンドレース(第2戦)
日時:8月5日(日) AM9:00~受付
開催クラス:1.タミチャレクラス2.マスタークラス3.かっとびクラス
エントリー費:シングルエントリー2500円、ダブルエントリー以上3000円
タイヤ:かっとびクラス、マスタークラスで使用される指定プリマウントタイヤは1セットのみ2500円にて販売。
計測システム:AMB(お持ちでない方はレンタルもさせて頂きます)
お弁当:受付時に出前の注文ができます。


次回のTMレースも宜しくお願い致します(*^▽^*)

TMレース結果♪

週末は梅雨の晴れ間に恵まれ無事に延期されたTMラウンドレースを開催させて頂くことができました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

DSC_000314.jpg

レースが延期になってしまったため参加頂けなかった方も多かったのですが遠方からもご参加頂き盛り上がったレース展開となりました♪

DSC_000498.jpg

今回はNEWクラス(マスタークラス)も開催させて頂き僅差でのバトル、順位が大きく入れ替わる白熱したレース展開。重量や速度規制などのハンデキャップも取り入れ初心者の方から上級者の方まで幅広く楽しんで頂けるクラスとなったんではないでしょうか☆

今回は全クラスともに予選4ラウンド行い、内ベスト2ラウンドでのポイント制での予選方式とさせて頂きました。

タミチャレクラス
予選
2ラウンドでTOPポイントをマークした冨田選手がTQ獲得。2番手には同ポイントながらタイム差で本田選手。3番手には惜しくも中村選手。
DSC_001121.jpg


決勝
スタートで出遅れたTQ冨田選手に代わり本田選手がTOPを快走!2番手以降との差を広げます。代わって2番手争いは混戦で尾田、中村、野辺、冨田の4選手での僅差のバトル。
1位を走る本田選手が他を圧倒しTOPゴール!
優勝 本田選手(TA07)
2位 尾田選手(TA07)
3位 野辺選手(TA07)

DSC_000676.jpg

DSC_001467.jpg

マスタークラス

新設のマスタークラスのレギュレーションについて簡単にご説明させて頂きます。
マシン:1/10EPツーリングカー
モーター:JMRCA公認ブラシレスモーター17.5R以上(回転数規制)
回転数:TMに常備している回転計にて計測
ギヤ比:フリー
アンプ:ブースト、ターボ設定フリー
バッテリー:Lipoバッテリー(出走時8.4V以下)
ボディ:タミヤ製スケールボディ
タイヤ:TMオリジナルNEWプリマウントタイヤ
グリップ剤:マイティV3黄色指定
タイヤウォーマー:禁止
追加のレギュレーションは随時増えていくかもしれませんがまずはこんな感じでゆるく始めていきたいと思います☆
タミチャレクラスよりもカツカツ、かっとびクラスよりはお手軽という中間のクラス設定になりちょうどいいスピード感ですので是非楽しくご参加下さいませ(^^)

予選

初の開催となったマスタークラス。目まぐるしく順位が変動する中でも坂東選手が重量&速度規制のハンデキャップをものともせず安定した走りでTQ獲得。
2番手には1ミスがひびきTQまであと一歩だった岩本選手。3番手にはマスタークラス一本に絞りご参加頂いた沖選手。

DSC_001212.jpg

決勝
決勝は8分間の周回レースとなます。
レース序盤、接触によりTQスタートの坂東選手が後方に沈みます。代わって岩本選手、大江選手がデットヒート!1秒圏内のバトルが続きます。3番手に藤村選手、その後方には坂東選手が追い上げるもなかなかパスすることができません。
デットヒートを制した岩本選手がマスタークラス初代チャンピオンに輝きました☆
優勝 岩本選手(INFINITY IF14)
2位 大江選手(YOKOMO BD8)
3位 藤村選手(TAMIYA 419XR)

DSC_000734.jpg

DSC_001554.jpg

かっとびクラス
予選

予選1ラウンド目は尾田選手がTOPポイントをマークするも予選2~4ラウンドは坂東選手が全てTOPポイントをマークしTQ獲得!
予選上位6名の選手がAメイン確定となります。
DSC_001345.jpg
決勝
Bメイン(上位3名がAメインに勝ち上がり)

序盤から中村、山口、藤村の3選手がレースをリードします。中村選手がTOPのままゴールするかと思われたラスト30秒で単独転倒。代わって山口選手がTOPになりそのままゴール。上位3名の方がAメインに勝ち上がりとなりました。
1位 山口選手(TAMIYA 419XR)
2位 中村選手(YOKOMO BD8スパイスコンバージョン)
3位 藤村選手(TAMIYA 419XR)
DSC_001678.jpg
Aメイン
スタートから14秒台を唯一マークしながら坂東選手がレースをリード。
2番手争いは尾田、本田の2選手。今回のレースからマシンもNEWマシンに乗り換えてからの初レース。不安もあったと思いますが普段からお二人で練習に励まれているだけあって超僅差ながら接触もなくギャラリーの沸くバトルを展開!優勝は他を圧倒した坂東選手。最終0.1秒差の僅差ながら守り切った尾田選手が2位。惜しくも3番手に本田選手となりました。

優勝 坂東選手(YOKOMO BD8)
2位 尾田選手(TAMIYA 419XR)
3位 本田選手(TAMIYA 419XR)

DSC_000943.jpg

DSC_001787.jpg

次回のTMイベントのご案内です。

7月8日(日)TMラウンドレース
開催クラス
1.タミチャレクラス2.マスタークラス3.かっとびクラス

皆様のご参加お待ちしております(*^▽^*)

TMレース結果♪

G.Wも終わりましたが期間中は程よくお天気も良く皆さんにはRCを楽しんで頂けたんではないでしょうか♪
そしてG.W最終日5月6日(日)はTMラウンドレースが開催させました。
昼から天気予報よりも早い雨に見舞われバタバタしたTMレースとなってしまいましたがなんとかレース全日程を頂き無事消化させて頂きました!
今回は遠方からご参加頂いた方や初参戦して頂けた方も多く楽しい1日となりました。
ご参加頂いた皆様ありがとうございました。
DSC_018343.jpg

タミチャレクラス
混戦の予選では見事に全ラウンドでTOPゴールを果たした野辺選手がTQ獲得。
TQ野辺選手を筆頭に決勝がスタート。
するとTQ野辺選手がまさかのスタート直後メカトラブルに見舞われリタイヤ。代わって坂東選手、坪野選手のデットヒート!ファイナルラップまで順位を入れ替えながら接戦を制したのは坂東選手。2位に坪野選手。3位には安定感のある走りで高瀬選手となりました。

優勝 坂東選手(TA06)
2位 坪野選手(サブドライバー野尻選手)(TA07)
3位 高瀬選手(サブドライバー増田選手)(TA05)
DSC_018743.jpg
DSC_018543.jpg

かっとびクラス
(予選)
第一ラウンド。
坪野、山口、坂東の3選手がスタートから毎ラップのように順位を入れ替えながらファイナルラップまでデットヒートが続き僅差で坪野選手がTOPポイントをマーク。
DSC_018843.jpg

第二ラウンド
好スタートを決めた山口選手と第一ラウンドTOPゴール坪野選手がレース序盤でミス。大きく順位を落とします。代わってレースリーダーとなったのは坂東選手。第一ラウンドの雪辱を晴らすかのようにレースをリード。しかし4分すぎのレース後半。スピキン覇者の植田選手が猛プッシュで坂東選手をパス。植田選手が第二ラウンドTOPポイントをマーク。
DSC_018943.jpg

第三ラウンド
またもや山口、坪野、坂東、植田の4選手が0.3秒圏内でのバトルを演じながらレースをリード。レース中盤植田選手がミスで後退。残る3選手のバトルがゴールラインまで続き後半のタイムの落ち込みを抑え込んだ山口選手がTOPゴール。
3ラウンドともにTOPポイントをマークした選手が違うという手に汗握る展開の予選を同ポイントながら僅差のゴールタイム差で制した山口選手が見事かっとびクラスTQ獲得!
DSC_0042543.jpg

決勝Cメイン(上位3名が勝ち上がり)
1番グリッドから今回TMレース初参戦ながらもPRO SPEEDさんでの最終レースで優勝を飾った実力派中年男(笑)こと田村選手がレースをリード。2番手にもPRO SPEEDさんで上位で戦っておられる竹林選手がスタートダッシュを決め仲良く1.2体制。勝ち上がり最後の椅子を賭け3番手争いにはTMタミチャレマイスターこと野辺選手とTMレース初参戦増田選手。順位を入れ替えながらもレースの場数の差が最後にはきいたか野辺選手が安定した走りで3位フィニッシュ。
1位 田村選手(TAMIYA 419XR)
2位 竹林選手(INFINITY IF14)
3位 野辺選手(XRAY T4 2018)
DSC_019143.jpg

決勝Bメイン(上位3名が勝ち上がり)
1番グリッドから予選では2/1000秒差でBメインに沈んだものの好調をキープしている清水選手が逃げる展開。
スタート直後2番、3番グリッドの選手が接触し後方に沈んだところに北陸地方から日帰り弾丸ツアーで参戦して頂いた要田選手が2番手にジャンプアップ。清水、要田の2選手が安定した走行で逃げ切り体制。
勝ち上がり最後の椅子3番手を賭け序盤に接触で後退していた地元の橋本選手がペースを上げ見事勝ち上がり最後の椅子をGET。
1位 清水選手(XRAY T4 2018)
2位 要田選手(TAMIYA 419XR)
3位 橋本選手(ARC R11)
DSC_019243.jpg

決勝Aメイン
予選TQ山口選手が好スタートを決め植田選手、坂東選手が前を伺いながらぴったりマークする展開。しかし1分経過時。山口選手が引き離そうとペースを上げていったところコース上に罠が....
小雨が少しパラつく中で縁石に深く乗りすぎたかストレート入り口でアウトにはらみマシン破損。残念ながらリタイヤとなります。
代わって植田選手がTOP浮上。坂東選手との一騎打ちかと思いきやまさかの単独マシントラブル....こちらもレースを終えてしまいます。
こうなると予選から我慢の走りを続けてきた坂東選手は前方が開けペースアップ。2番手以降との差を広げます。
2番手争いは熾烈を極めます。後方スタートの要田選手がスルリと順位を上げ2番手浮上。こちらもTM初入賞間近と思いきや単独ミスで後退....
波乱のAメインとなりますが予選で2/1000秒のバトルを繰り広げた本田選手と清水選手が上位争いが2転3転する中で最後は予選でも盛り上げてくれたこの2選手が白熱のバトルを最後まで演じ本田選手がバトルを制し見事TM初レースで2位フィニッシュ。

優勝 坂東選手(YOKOMO BD8 2018)
2位 本田選手(YOKOMO BD8 2018)
3位 清水選手(XRAY T4 2018)
DSC_019343.jpg
DSC_018643.jpg

最後は参加者全員に必ず当たる抽選会。
TM抽選会はめちゃええもんがあるわけではないですが貰ったら使用して頂けるであろう消耗品を中心に景品を選ばさして頂いております(*^▽^*)
DSC_018443.jpg

さて、次回のTMイベントスケジュールのご案内です。

5月20日(日)2018 みた選inTMcircuit
(開催クラス:かっとびクラス)
Webエントリーはコチラ
↓↓↓
http://rcentry.xyz/mitasen1/list.cgi?table=skentry

6月10日(日)TMラウンドレース
(開催クラス:タミチャレクラス、かっとびクラス、GTクラス(仮))


まずは約2週間後に開催予定の『みた選』の開催が迫っておりますね!
堅苦しいレースではなく色んな方に楽しんで頂けるお祭りイベントですので皆さんお友達お誘いあわせの上是非ご参加くださいませ☆

そしてTMラウンドレースも新クラスの開設を予定しております。
詳細はまだ検討中ですがイメージは『規制された楽しいスピードでワイワイかつ本気バトル』を思い描いております。決定次第発表させて頂きますのでしばしお待ちください。

ではイベント盛りだくさんのTMレースを宜しくお願い致します♪

TMレース結果♪

最近気候も良くなり気持ちいい日が続いておりますね。
TMサーキットも年に一度の改修作業も終わりサーキットも見やすくなり走行して頂けやすくなりました♪
そんな中、昨日の4月1日(日)はTMラウンドレースが開催されました。

DSC_0112123.jpg

タミチャレクラス
予選でTQを獲得した坂東選手が決勝でも安定した走りで快走。予選3番グリッドから今野選手がスタートダッシュを決め坂東選手を僅差で追いかけます。
3番手争いが熾烈になりスタートで遅れた安藤選手、高瀬選手、大澤選手の三つ巴。レース終盤、安藤選手と高瀬選手に接触があり大澤選手がすり抜け3位でゴール。

優勝 坂東選手(TA06)
2位 今野選手(TA07)
3位 大澤選手(TB04)
DSC_0121123.jpg

DSC_0117123.jpg

かっとびクラス
(予選)
4ラウンド中ベスト2ラウンドのポイント制で行われたかっとびクラス。
4ラウンド中すべてのラウンドでTOPゴールを果たした坂東選手が文句なしの予選TQ獲得。
予選2番手以降は混戦ながら僅差を制し2位ポイントを全ラウンドで獲得した坪野選手が予選2番グリッドを獲得。
予選3番手は植田選手と住谷選手が同ポイントで並ぶもベストタイムで植田選手が予選3位獲得。
DSC_0120123.jpg


決勝Bメイン(上位3名がAメインに勝ち上がり)
スタート直後1番グリッドの都倉選手を交わし安藤選手がTOPに立ちます。2番手争いは都倉、高瀬、岩本の3選手に絞られますが岩本選手が痛恨のミスで後退しそのまま順位に変動はなく5分が経過。

1位 安藤選手(DESTINY) 2位 都倉選手(XRAY T4) 3位 高瀬選手(ARC R11)
の3名がAメインに勝ち上がりを決めます。
DSC_0122123.jpg


決勝Aメイン
予選TQ坂東選手がスタートから危なげない走りでレースをひっぱります。僅差でTOPに坪野選手も食らいつくも後半は逆に少しペースが落ちたところに植田選手が猛追。しかし波乱はなくAメインらしいきれいなレース展開で順位の変動はなくそのままゴール。

優勝 坂東選手(YOKOMO BD8)
2位 坪野選手(TAMIYA 419XR)
3位 植田選手(DESTINY)

DSC_0123123.jpg

DSC_0118123.jpg


次回のTMイベント予定は

4月22日(日)SPEED KING TOUR inTMサーキット

5月6日(日)TMラウンドレース
開催クラス:タミチャレクラス、かっとびクラス

5月20日(日)2018全日本みたいな選手権inTMサーキット


となっております。
約3週間後に迫ったSPEED KING TOURのWebエントリーも始まっておりますので皆さまエントリー宜しくお願い致します!
Webエントリーはコチラ
↓↓↓
http://entry.mtabe.com/SpeedKing/

そしてSPEED KING TOURのストッククラスは特別規定としてコントロールタイヤ制となっております。
※5月20日(日)に開催される2018みた選inTMサーキットも同じプリマウントタイヤを使用致します。
長期走行テストを重ねたTMサーキットに適したタイヤ、インナー、ホイルをチョイスしプリマウントタイヤをご用意しておりますので迷いなく走行して頂けると思います。
DSC_0124123.jpg

モデファイクラスにおいてもお勧めタイヤをご用意しております。
テストを重ねた結果ストッククラスと同じタイヤがベストチョイスだと思われます。
DSC_0125123.jpg
モデファイクラスはインナー、ホイルは自由となっております。
迷われる方にお勧めと致しましてはこちらのインナー、ホイルがお勧めとなっております。
僕個人的に多種多様な組み合わせもテスト致しましたが安定感という面では間違いなさそうです。
DSC_0126123.jpg

今回ご紹介したストッククラス用プリマウントタイヤ、モデファイクラス用タイヤ、インナー、ホイルはTMサーキットショップにて大量在庫しておりますのでご心配なくお越しくださいませ。

では皆様のお越しお待ちしております。

TMレース結果♪

おはようございます。
そしてご無沙汰しております(;・∀・)
寒い冬もやっと終わりが見えはじめ春の陽気になって参りましたね。

DSC_003140.jpg

2018年度は天候が思わしくない日が多く今年度はこの3月が初のTMレースの開催となりました。
3月4日(日)に開催されたTMレースの模様、結果です。
開催クラスはタミチャレクラス、かっとびクラスの2クラスとなります。

タミチャレクラス

予選方式は3分間の周回レース。しかしスタート方式がタミヤグランプリさながらの横一列一斉スタート!
まずはこのスタート直後の混戦を抜け出すのが肝となるタミチャレクラス予選。
この混戦を高確率で制した嶋崎選手が見事予選TQ獲得となります。

決勝
スタート直後、2番グリッドの高瀬選手が後退。TOPは嶋崎選手がキープし2番手争いは野辺選手、安藤選手がデットヒート。
優勝はスタートから安定感をみせた嶋崎選手。2位にはタミチャレベテランの味で予選4位からジャンプアップした野辺選手。3位には僅差ながら0.6秒届かず安藤選手となりました。
優勝 嶋崎選手(TB-04)
2位 野辺選手(TA-07)
3位 安藤選手(TT-02)
DSC_005234.jpg

DSC_003836.jpg

かっとびクラス

TMでは一番人気のかっとびクラス。
モーターは17.5Rモーター、バッテリーはLipoバッテリー、アンプ設定無制限、タイヤ、グリップ剤はコントロールタイヤ、タイヤウォーマー禁止といったパワーやグリップに差がつきにくいドライバーの操縦&セッティングスキルが試されるガチンコレースです!

予選の方式は5分間周回レースの4ラウンド中ベスト2ラウンドが有効でのポイント制を採用。

第1ラウンド
各車ミスが目立つ中、山口選手がノーミスで155PのTOPポイントをGET。
第2ラウンド
嶋崎選手、坪野選手がコンマ数秒の戦いを5分間続け僅差で嶋崎選手がTOP。
第3ラウンド
先ほどの勢いそのままに嶋崎選手がTOPで予選TQに王手。
第4ラウンド
TQ獲得のチャンスを残す山口選手、TQ王手の嶋崎選手を引き連れ坪野選手がこの日の全体ベストタイムでTOPゴール。
DSC_004933.jpg

決勝Bメイン(上位3名がAメインに勝ち上がり)

スタートから橋本選手、岩本選手が抜けだす展開でレースが進みます。勝ち上がり最後の椅子をかけた3番手争いが熾烈を極め高瀬、廣瀬、雑賀の3選手が毎ラップのように順位を入れ替えるデットヒート。この戦いを制した廣瀬選手が3番手をGETし橋本選手、岩本選手、廣瀬選手が見事Aメインに勝ち上がりを決めます。
DSC_005037.jpg


決勝Aメイン

レース序盤TQスタートの嶋崎選手がミスで大きく後退。代わって坪野選手がTOPに立つと2番手以降を引き離しにかかります。レース終盤3位を走る清水選手に序盤のミスからじわりじわりと差を縮めてきた嶋崎が襲い掛かります。しかし最近好調の清水選手は動じることなく3位を守り切りゴール。
優勝は序盤の2位以降との差を守り切った坪野選手。2位には終始安定感を見せた山口選手。3位には終盤の猛プッシュに耐えた清水選手となりました。

優勝 坪野選手(タミヤ419XR)
2位 山口選手(DESTINY)
3位 清水選手(XRAY T4 2018)
DSC_005132.jpg

DSC_003935.jpg

来月のレース予定

4月1日(日)TMラウンドレース(JMRCA一次予選会も同時開催)
開催クラス:タミチャレクラス、かっとびクラス

4月22日(日)SPEED KING TOUR 2018 RD2 inTMサーキット


では来月のTMイベントも宜しくお願い致します♪
プロフィール

tmcircuit

Author:tmcircuit
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。