TMレース結果♪

最近気候も良くなり気持ちいい日が続いておりますね。
TMサーキットも年に一度の改修作業も終わりサーキットも見やすくなり走行して頂けやすくなりました♪
そんな中、昨日の4月1日(日)はTMラウンドレースが開催されました。

DSC_0112123.jpg

タミチャレクラス
予選でTQを獲得した坂東選手が決勝でも安定した走りで快走。予選3番グリッドから今野選手がスタートダッシュを決め坂東選手を僅差で追いかけます。
3番手争いが熾烈になりスタートで遅れた安藤選手、高瀬選手、大澤選手の三つ巴。レース終盤、安藤選手と高瀬選手に接触があり大澤選手がすり抜け3位でゴール。

優勝 坂東選手(TA06)
2位 今野選手(TA07)
3位 大澤選手(TB04)
DSC_0121123.jpg

DSC_0117123.jpg

かっとびクラス
(予選)
4ラウンド中ベスト2ラウンドのポイント制で行われたかっとびクラス。
4ラウンド中すべてのラウンドでTOPゴールを果たした坂東選手が文句なしの予選TQ獲得。
予選2番手以降は混戦ながら僅差を制し2位ポイントを全ラウンドで獲得した坪野選手が予選2番グリッドを獲得。
予選3番手は植田選手と住谷選手が同ポイントで並ぶもベストタイムで植田選手が予選3位獲得。
DSC_0120123.jpg


決勝Bメイン(上位3名がAメインに勝ち上がり)
スタート直後1番グリッドの都倉選手を交わし安藤選手がTOPに立ちます。2番手争いは都倉、高瀬、岩本の3選手に絞られますが岩本選手が痛恨のミスで後退しそのまま順位に変動はなく5分が経過。

1位 安藤選手(DESTINY) 2位 都倉選手(XRAY T4) 3位 高瀬選手(ARC R11)
の3名がAメインに勝ち上がりを決めます。
DSC_0122123.jpg


決勝Aメイン
予選TQ坂東選手がスタートから危なげない走りでレースをひっぱります。僅差でTOPに坪野選手も食らいつくも後半は逆に少しペースが落ちたところに植田選手が猛追。しかし波乱はなくAメインらしいきれいなレース展開で順位の変動はなくそのままゴール。

優勝 坂東選手(YOKOMO BD8)
2位 坪野選手(TAMIYA 419XR)
3位 植田選手(DESTINY)

DSC_0123123.jpg

DSC_0118123.jpg


次回のTMイベント予定は

4月22日(日)SPEED KING TOUR inTMサーキット

5月6日(日)TMラウンドレース
開催クラス:タミチャレクラス、かっとびクラス

5月20日(日)2018全日本みたいな選手権inTMサーキット


となっております。
約3週間後に迫ったSPEED KING TOURのWebエントリーも始まっておりますので皆さまエントリー宜しくお願い致します!
Webエントリーはコチラ
↓↓↓
http://entry.mtabe.com/SpeedKing/

そしてSPEED KING TOURのストッククラスは特別規定としてコントロールタイヤ制となっております。
※5月20日(日)に開催される2018みた選inTMサーキットも同じプリマウントタイヤを使用致します。
長期走行テストを重ねたTMサーキットに適したタイヤ、インナー、ホイルをチョイスしプリマウントタイヤをご用意しておりますので迷いなく走行して頂けると思います。
DSC_0124123.jpg

モデファイクラスにおいてもお勧めタイヤをご用意しております。
テストを重ねた結果ストッククラスと同じタイヤがベストチョイスだと思われます。
DSC_0125123.jpg
モデファイクラスはインナー、ホイルは自由となっております。
迷われる方にお勧めと致しましてはこちらのインナー、ホイルがお勧めとなっております。
僕個人的に多種多様な組み合わせもテスト致しましたが安定感という面では間違いなさそうです。
DSC_0126123.jpg

今回ご紹介したストッククラス用プリマウントタイヤ、モデファイクラス用タイヤ、インナー、ホイルはTMサーキットショップにて大量在庫しておりますのでご心配なくお越しくださいませ。

では皆様のお越しお待ちしております。
スポンサーサイト
プロフィール

tmcircuit

Author:tmcircuit
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR